Wholesale

NIGEL PRESTON

40年以上の間、イギリス生まれのデザイナー‘ブレンダ ナイト’と‘ナイジェル プレストン’は、革新的・独創的でラグジュアリーなコレクションを発表し続けています。そしてレザー・スエード、そしてムートンのコレクションの先駆者となりました。
2007年には、ファブリックコレクションをラインに加え、そのデザイン性とNIGEL PRESTON & KNIGHTの世界観は、さらに各国のマーケットより賞賛されるようになりました。

もともとナイジェルは、デザインすることが好きなアーティストでありミュージシャンでした。そして彼は、ロンドンの小さなレコーデイングスタジオに集まる彼の友人や’60年代後半のロックスターのためにステージ衣装を作り始めました。こうして彼に衣装の発注がされるようになりました。その当時に出現したミュージシャンのためにしなやかなレザーのステージ衣装が作られ、そしてそれはまるで薄い皮膚のような素材で作られたジャンプスーツやパンツそしてシュランケンジャケットでした。

‘70年代半ば、ナイジェルは、キングスロードに彼が崇拝するイラストレーターであるMaxfield
Parrishの名前をつけたショップをオープンしました。この頃、ナイジェルは、ブレンダと出会いそして彼のコレクションは、ロックをルーツとしたメンズウェアーの新しい形態を得たためにレザーやスエードのコレクションは、さらに進化し発展しました。

またもう一人のデザイナーであるブレンダは、当時のトップファッションPRでした。そしてファッションフォトグラフィックスタイリスト、ファションフォトグラファーとしてもMario Testino,
David Bailey, Terence Donovan, Anthony Crickmay, Norman Parkinson, Neil Kirk and John Swannell と専属で契約し活躍していました。彼女の創造的な先見の明と驚くべき革新の想像力は、国際展示会においていてUKブランドを後に世に送り出す多くの若き日の’80年代のイギリス人デザイナー達の力となりました。

Nigel Preston and
Knight collectionsは、そのオリジナルのハンドペイントや創造的なテクニックで有名になりました。それと同じように評価の高いコレクションの繊細なシルエットやカッティングパターンは、ブレンダの様々なヨーロッパの街、それはロンドンから始まりパリやミラノ、ヴェニスそして遠く離れたインドまでのアンティークマーケットの旅を通して集めた18世紀の衣服・アクセサリーそして生地からもインスパイアーされています。
ブレンダのデザインは、彼女がデザインを始めて以来ずっと、いつも彼女の細やかな愛の歴史を映し出しています。

女のコレクションは、ロシアのコートやフランス革命の衣装そしてイギリスの ヴィクトリア朝の馬車やバイクに乗る女性に至るまで様々なヨーロッパの衣装を思い起こさせます。
ブレンダは、彼女のシンボルの刺繍が縫われ美しい曲線をした背中やステッチ、切りっぱなしの形状そして繊細な彼女のジャケットの後ろのすその部分や上質の綿ローンのブラウスといった女性を美しく見せ強調する部分が大好きです。

コレクションは、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、モスクワそして東京といった世界中のセレクトショップや百貨店で販売され、様々な分野の個性的な女性また成功者である女性の興味を惹きつけています。ナイジェルとブレンダは、彼らの‘信者’とも呼べる多くの顧客をこれまでに得ました。それは、彼らの長年にわたりその素晴らしい感性と新しいファッションを創造しようとする姿勢から生みだされるコレクションを世界中に提案し続けていると理由からです。彼らのコレクションは、他に並ぶものないものがなく、またすぐにその創造性により新たなトレンドになるものとして各国のバイヤー・顧客に常に注目されています。

ブレンダは、長年の探究と歴史的なデザイン、素材の仕上げ、プリントの開発の結果、彼女のコレクションの発表するにあたり最後にインスピレーションを得たものは、インドの卓越した縫製技術を持った女性や柔らかい麻、ボイル地の薄い織物、綿やシルクという素材でした。
彼女の旅を通して集められたアンティークコレクションは、複雑で繊細な手作業がされています。ペール色の生地や薄い神秘的な色の生地に溶け込まされている素早く後染めされたストライプや花柄。インドの芸術家肌の職人や繊細な手作業をする女性によってこれらは、実際にコレクションに再現されています。ヨーロッパでも伝統工芸を持った人々は、全てこれを再現できますが、しかし近年、こういった非効率な手作業は、多くのブランドで生産体制の効率化という事情によりオートマチック化され機械の生産体制に切り替えられていきヨーロッパではほとんど消失していきました。
彼女のインスピレーションは、18世紀のフランスの古い修道者のコートやエドワーディアンフロックコート、ミリタリージャケット、またアンティークシルクやアンティークレースのジャケット・ブラウス・スカートから得ています。そして彼女の提案は、それらにほどこされた息をのむような繊細かつ美しいデザインや技術がいまだ人々の心に留められているこの21世紀という時代に強く共感されるものも持っています。

生まれつきの詩的精神を持った女性冒険家であるブレンダは、ヨーロッパの図書館や古本市場を彷徨いながらインスピレーションを得ます。そしてShakespeare,
Dante, Byron and Shelleyなどの詩的要素が、彼女を支える芸術家とも呼ばれる職人達によって彫刻・刺繍・焼印といった手作業でコートやジャケットにデコレーションされていきます。
彼女は、古代の中東のものを扱うマーケットでハンドメイドの半貴石を彼女の洋服や母親のパールのボタンに合わせるために探し回ります。また探索好きの彼女は、ジェイプールマーケットにも王冠に合う石を探すため、あわただしいマーケットの中をも駆け抜けていきます。

ブレンダは、彼女の身の周りで見るインド人の才能や潜在能力に大きな可能性を熱烈に信じています。そしてそれは、ロンドンの80年代のファッションシーンを彼女に思い出させる。彼女は、かつてロンドンで彼女の導きと手助けで高く賞賛されるようになったデザイナーにしたように、現在の、彼女の周りにいる多くの独創的な生徒達の手助けする人間になりたいと望んでいます。

http://nigelpreston.eu/

Me & K

“ Me & K ”はプレミアムカシミヤを専門とするニューヨークのブランドです。その誇りある歴史は、ストールプロデューサーとしてスタートした7年前にさかのぼります。我々は直に機織技術追求から取組、その高い品質は今では31以上の国で洗練されたコレクションをご覧頂けるほどになりました。
ル ボン・マルシェ、フランク エ フィス、ウェンウィック、リバティ、グローバス、ブルーミングデールズ、ヘンリ ベンデル、ホルト レンフルー、
レーン クロフォードなど世界の百貨店がパートナーです。

 

地元の職人を支援し古くからの伝統の技法を復活させる為、
【エシカルで持続可能】なアプローチを約束し、本物のカシミヤショールの製造に使用される伝統的な手仕事を保護し、促進することに焦点を当てています。
地域コミュニティに資源を投資し、カシミール渓谷の地元の織り手や工芸品群から持続可能な方法で調達された最高級のカシミヤのみを使用した
【手紡ぎ糸】を使用することによって、私たちはこの古代の工芸品の純度とカシミールの職人の生活を保護するよう努めています。

 

ここ数十年、 ‘機械織のショール’が‘カシミール地方で手織りされたパシュミナ製品’として取り扱われることが急増しました。
この事実は、本物のカシミールショールの輝かしいイメージを損なうだけでなく、何千人もの地元の職人の生活を脅かしています。

また、生産およびサプライチェーンにおける作業基準の改善に取り組んでいます。紡績、製織、刺繍などの複雑な作業を手作業で行う高度に熟練した職人と協力しています。
これらの職人との関係は、何世代にもわたって築かれてきたものであり、相互の尊敬と信頼に基づいています。これらのスキルが次世代に受け継がれ、続いていくことを確実にするのを助けることによって、『カシミールの伝統的工芸品である手紬ぎ糸で織られたショールに対する何世紀にもわたる評判の復活を支援することに私達は尽力しています。』これは、カシミールのショール産業における賃金と労働条件の全体的な改善に向けて努力することによってのみ可能であり、それによって職業を将来の世代にとってより魅力的な雇用選択肢にします。

 

そのための1つの方法は、‘より多くの女性をこの業界に復帰させる’ことです。2021年には、スリナガルにトレーニングセンターを設立し、女性職人のスキル、特に伝統的に女性によって行われていた‘手紡ぎ’の技術向上を支援しました。
より快適で使いやすい新設計の紡績車(charkha)の導入は、女性の生産性を高めるだけでなく、収入を倍増させるなど、大きな成功を収めています。このエキサイティングなイニシアチブの詳細については、このBBCのニュースレポートをご覧ください。

 

 

このように、我々は、【国連の2030年持続可能な開発目標(SDGs)への貢献、貧困との闘い(目標1)、女性のエンパワーメント(目標5)、完全で生産的な雇用による持続可能な経済成長の促進(目標8)、持続可能な生産慣行の確保(目標12)に努めています。】

http://www.meandk.com/

ZARIIN

MamtaとVidhiの姉妹は、独学でジェリーデザインを身に着けました。起業家精神とジュエリーへの情熱を持ち続け、インドやアメリカでコーポレートファイナンスや経済・商業の学位を取得。2010年にブランドを立ち上げると瞬く間に好評を博し、現在では北米、南米、ヨーロッパ、中東に販路を広げています。
アヴァンギャルドながらクラシックで、二人の文化的なルーツであるインドの影響を受けたコレクションは、クラシックス、アブソルート、ディ・アンド・ナイト、パール・キストの4つのラインで展開。すべての女性のクローゼットに必要な、カラフルで洗練されたコレクションです。

https://zariin.com/

Delphine Charlotte Parmentier/2DC studio

幼少期からジュエリー製作を開始したデルフィンは、1989年にパリ10区にあるモードデザイン学校 ベルコを修了。
早期に才能を見出された彼女は、多くの有名メゾンブランドのオートクチュールコレクションのファッションアクセサリーを製作しており、彼女の類まれなる才能は、多くのハイファッションブランドのジュエリー製作を手掛けている事でも頷ける。
現在は、パリ4区にアトリエを構え、彼女のその自由な感性をベースに 非常にモダンでありながら高級感があり、且つオリジナリティ溢れる自身のブランドコレクションを発表。白と黒、フェミニンでありながらロック、洗練されたイメージを与えつつ、どこか優雅でシックな雰囲気が際立つジュエリーは、クリスタルや天然石やスワロフスキーを用い、「2つめの皮膚」のような繊細な付け心地も特徴。
彼女のコレクションは全てフランスで作られることにこだわり
その職人技を駆使し、アヴァンギャルドでありながらユニークなアイテムをデザインし、発表し続けている。
ファッションデザイナー達から注目を浴び続けてきた彼女は現在、さらに大きなメディアから注目を浴び、自身のブランドにも国際的な評価を得ている。

https://www.delphinecharlotteparmentier.com/

A・POIL

『A・POIL』フランスの上質な100%カシミアブランド。

‘動物の毛’(POIL/フランス語で‘毛’という意味。南フランスのスラングで’裸’)なぜ私達は、このブランドをA. POILと呼ぶのでしょう。
それは、 私達は、‘ロイヤルカシミヤ’と呼ばれるカシミヤ素材の品質に妥協しないということに由来します。
それは全てのカシミヤの中で、明るい色を発色させるための天然のもので最も白いカシミヤ、ピリングを少なくするための34〜36 mmの最も長い毛、さらに柔らかさを出すための最も細い毛の1つである15.5 µといった品質基準に拘っています。

ISADORA LIMARE

ISADORA LIMARE イザドラ・リマーレ は革新的な美への追求とデザインへの情熱を持ち、異彩を放つコンセプトと高級感・機能性・環境への配慮をミックスさせたラグジュアリーBAGブランドです。
イザドラはチャーミングで刺激のある自身のイメージを反映したデザインを作品へと吹き込みます。

エレクトリックな色、多彩な素材、そして幾何学的な形、『PRYSM』は革新的な美学で群を抜き、寄木細工から着想を得たエッジの深いパターン、装飾美術であるアール・デコと80年代をミックスしたグラフィックな外観など、PRYSMは既成概念にとらわれない自由な発想を持っています。

遊び心のあるモジュールコンセプトを持つPRYSMは、若く純真な現代の「ワンダー・ウーマン」のような女性に常に寄り添ってくれるBAGです。
そして変形自在な「トランスフォーマー」のように、幾通りにも使用でき様々な着こなしが可能に。
PRYSMは自分のファッションスタイルを理想へと近づけられる可能性を秘めています。

デザイナーであるイザドラは、フィッシュレザーをはじめとする革新的で倫理的かつ持続可能な素材を使用することでサスティナビリティを重要視しています。

https://www.isadoralimare.com/

LA RESIDENCE

‘FASHION is going with ART’

ファッションとアートの共存をコンセプトにクリエイトされるブランド、
フランスのストリートグラフィックアーティスト JAKEがデザインする個性あふれるペイントがハイクオリティな素材に融合しファッションに新たな価値を生み出す。

JAKEの都会的でコンテンポラリーなペイントは、カシミヤという無機質・透明な素材にエネルギーを与える。

何でもないようなシンプルなニットがアートを着るという感覚に変わる瞬間、人は未来への希望を感じることができる。

‘FASHION on the STREET’

JAKEのアートは常にストリートファッションのリアリティに寄り添い赤、青、黄色のカラフルな色は、アスファルトのグレーをグラフィカルなものへと変換する。

‘FUTURE in FASHION and ART’

ファッションとアートの未来は、明るいものしか存在しない。それは決してネガティブなものが存在できない世界。好奇心を持った人だけに成功をもたらし新たな未来を創り出す。

Maison Haussmann

近代パリを造ったジョルジュ・オスマンの名を冠する’メゾン・オスマン’
ファッションの’グラン・メゾン‘ パリの空気感をコンセプトにしたコレクション。

19世紀、セーヌ県知事であったジョルジュ・オスマンによる近代パリに至る大規模な都市整備により‘世界の首都’へ変革したパリ。

エトワール凱旋門、オスマン様式といわれる都市区画、アパルトメントに代表される建物は、美しい街並みを創り出しパリのファッションを彩るエッセンスとなっている。

ストリートの要素を取り入れながらも、決してエレガントさを失わない洗練されたコレクションはまさにパリの街並み、そしてパリジェンヌそのものである。

for-Y

‘’この服は、あなたのための服’’
パーティーに行く時、友達と会う時、リラックスしたい時、大切な人とリラックスしたい時、あなたの人生の全てのシーンで いつまでもあなたのそばにそんなわたしたちの思いがこのコレクションにまっています。

独自の感性で企画し ‘手に届くラグジュアリー’ としてコレクションを提案します。

‘Y’という文字を頭文字に持つ単語は、全て良い意味を持つ単語ばかりいつも良いことがありますようにという願いも込められています。

Seasons Hotel Particulier

Eddy RizalとRoxaneが、フランスで立ち上げたブランド‘HOTEL PARTICULIER ’-オテル パティキュリエ-

’SEASONS HOTEL PARTICULIER’
-シーズンズ オテルパティキュリエ-は、モードでラグジュアリーなレディースウェアコレクションを展開しているHOTEL PARTICULIERより’フェミニンで上質なベーシック’をコンセプトにカシミヤ素材のニットとダブルフェイス生地によるファブリックコレクションを独立させたライン

使用される素材は丁寧に選ばれた上質なもので、デザインは構築的な要素とソフトでフェミニンな要素の絶妙なバランスの中で表現されている